省エネ家電とリサイクルでエコに貢献!

エコ家電は、ただ使っても地球に優しく、壊れても、リサイクルして、元に戻れる、そんな家電です。

エコ家電をリサイクル

エコ、リサイクル、どちらも地球に優しいと推奨されています。地球に優しいエコロジー、そのために作った家電製品、それがエコ家電です。従来の家電製品と違い、電気を節約したりなど、さまざまなものがあります。例えば、ガスを使わず、電気の熱で暖めるコンロや、湯沸かし器があります。これらは天然資源を使わないため、化石燃料を減らしません。それに、温室効果ガスを出すこともありません。リサイクルは、あるものを一度分解し、別のものにして、また使う、ということです。例えば、ダンボールを一度分解し、トイレットペーパーをつくる、と言った感じです。今でさえ何でもリサイクルできますが、昔はその理念すらありませんでした。そういう発想がなかったのです。しかし、化石燃料枯渇の危険性や、地球温暖化などの危険性やなどに直面した人々は、それを何とかしようと3Rの理念を打ち立てました。3Rとは、リデュース(Reduce。減らす、削減する。こぬ場合、ごみを減らすこと。)・リユース(Reuse。再使用、再利用。この場合、同じものを何度も使うこと。)・リサイクルの頭文字、Rをとったものです。

エコ家電は、今ではリサイクルすることが出来ます。家電の中にはレアメタルが入っており、それを取り出して、また違う家電に使われます。外側のプラスチックやガラス、鉄などの資源も余すことなく使われます。そして、新しい家電に生まれ変わるのです。もしかしたら、新しく買った家電は、自分が前に使っていた家電が、リサイクルされたものかもしれません。